みつもりLIGHTご紹介 > 便利機能







お問合せはこちら
〜みつもりLightの印刷物紹介〜

通常、見積ソフトといえば見積書と実行予算書、利益計算書等々というありきたりなものを印刷するという事を想像されると思いますがみつもりLightはとにかく営業さん達の強い見方になりたいと考えました。
そこで、以下のような印刷を実現しています。(特に建設業様向けに強化されたものになります)
・見積書(縦型・横型)・請求書(縦型・横型)・書類送付状・FAX送付状
・実行予算書・利益計算書・費目明細書・物件比較表・工事原票・得意先一覧表・業者一覧表
・挨拶状・お礼状・お詫び状・工事請負契約書・契約約款・会社案内・完了報告書・打合せ議事録(手書用)

印刷紹介ページはlこちら ⇒ 

〜みつもりLIGHTとEXCELの連携〜

みつもりLIGHTにはクリップボードのコピー&ペーストという機能があります。これを利用する事により、協力会社さんとのデータのやり取りから、見積書の作成が簡単に出来るようになりますので、覚えておくと便利でしょう。
例えば、協力会社さんとのやり取りの中では、通常データでのやり取りではないので、明細を2度打ちしなおさないといけないため、時間もかかりミスも起こりえてしまいます。しかし、この方法を利用すれば、時間短縮にもなり、打ち間違いなどのミスも防ぐことが可能となります。みつもりLIGHTの利用により、業務効率アップできることは間違いありません。是非ご利用下さい。
イメージ図はこちら ⇒ 

〜みつもりLIGHTの予算管理としての機能〜

みつもりLIGHTはその名の通り見積作成・印刷・管理を主に考え作られたソフトウェアです。
しかし、ただ見積書を作成するだけではなく、その見積に対しての仕入額や発注額を予算数量・予算単価・予算金額の3項目に登録していくことで、実際にその見積書がどれくらい粗利が取れるのかということまでしっかりと計算して作成することが出来るというメリットをもっています。特に数量を予算数量と見積数量の2項目に分けたことによって、提出の際にお客様に見せる数量とシビアにコストを見ながら登録する実数量を分けて考えることも出来るようになります。
単価についても、より細かく割り出したい場合は歩掛機能を利用して単価計算することで本当に掛かるであろう実単価が社内的な管理の中でより詳細に把握することが出来る機能も搭載されてあります。実行予算の割り出しに最適です。
これらの項目から計算された差額・利益率・原価率という項目は帳票にて出力することも出来ますので、実際に使用する工務店様にて予算検討会などを開くときの材料としての資料も作ることが出来るという普段とは違った使い方が出来るようになって行きます。

〜取引先集計機能〜

みつもりLIGHTには工種ごと、明細ごとに取引先を登録する列が設けられています。
この列に発注予定の協力業者を登録しておく事で、実行予算書に反映し、社内管理表として印刷する事などが出来ます。
また、登録しておいた取引先をEXCELシートで明細抽出して、取引先ごとの集計シートを作成する事が出来るようになります。この機能を利用すれば、そのまま注文書や台帳に貼り付けて発行することも出来ますので、みつもりLIGHTで入力した明細を再活用して工事管理を行う事が出来るようになります。
出来るだけ無駄を省き、ソフトのデータを有効活用する事が可能となります。
イメージズはこちら ⇒ 

〜歩掛機能を使いこなす〜

みつもりLIGHTには通常の一式で積み上げて見積明細を作っていくパターンと、もうひとつは歩掛明細を作っていって複合単価を作りこむというパターンで明細を作ることが可能となっております。これは建設業の中でも土木業によく用いられるもので代価表・単価計算表とも呼ばれています。
例えば、トラックで土砂を運ぶという時の運搬にかかる原価は1日辺りどれくらい掛かるかというと、ただガソリン代だけを計算すれば言いというものではなくそれを運転する運転手の作業人工やトラックそのもののリース代、それ以外の諸経費なども踏まえて1日辺りの単価を出すわけです。
こういった計算は、見積ソフトでは結局計算しないで別紙で計算した結果を基に見積書を作るという建設会社さんが非常に多いのですが、みつもりLIGHTではそういった計算もやってくれる、優れものなのです。
実行予算を如何に効率よく、実数として把握していき見積書を作ることがこれから必要になってくるでしょう。

〜積算1・2の使い方〜

みつもりLIGHTには予備の項目として積算1・2という項目が存在します。
これは通常、定価を入れたり下限額を入れたりとお客様によって自由に入れられるケースが殆どで、メーカーより決まった使い方は特に示しておりません。
例として、あるお客様でこんな使い方をされていました。
元々予算額も見積額もきっちり使っているお客様でしたので残った予備項目で何を入れるかといいますと、そこには業者さんに発注した金額やその後実際に支払った額、いわゆる工事原価を積算1に入力されていました。この欄は上階層に一括で入れることも出来るし、下階層から細かく積み上げて行くことも出来ますがここでは財務会計の管理ではなく現場での予算管理なので細かく入れず一括で入れていきます。そうしていくと工種毎の原価が入力できて更に列間演算を利用すれば見積額との差額を積算2に取ることも可能になります。
列間演算上の計算式の登録方法はこちら
転送先:積算2
転送元:見積金額−積算1

注意:「下階層は処理しない」にチェックを入れます。
これで原価管理ソフトなど無い場合でも現場での原価管理も簡易的に行うことが可能となります。
※ 協力業者さんも備考欄などにメモ書きしていけばOK
予備項目の使い方ひとつで様々な業務をこなすことが出来るのもみつもりLIGHTの柔軟なところになります。

〜みつもりLIGHTは消費税改正対策に適した仕組み〜

みつもりLIGHTでは、これからの消費税率改正の可能性に伴い柔軟な対応が出来るよう工夫をしております。みつもりLIGHTは見積データがファイル管理されている関係上、消費税率に関してもファイル内に情報を持たせるようにしています。そのため、消費税率改正が行われた場合にシステム環境設定にて消費税率を変更した場合にも過去の見積書に関しては、その作成当時の消費税率を保持して保管することが可能で、新たに作成する見積書から変更した消費税率を採用できるようになっています。
また、消費税率の変更自体も締めのタイミング、決算のタイミングなどを気にすることなくシステム環境設定にて変更することが出来ますのでシステム上の縛りも無くお客様にて自由に対処できるようにしております。
もしもお客様にて柔軟な消費税変更対応の出来ない見積ソフトをお持ちの場合には早い段階でのソフトウェアの入れ替えをご検討下さい。
<チェック項目>
1.消費税率の変更がどこで出来るのかお客様で理解出来ている。
⇒場合によってはシステムモジュールの入れ替えや複雑なマスター変更をしないと消費税率が変更できないというソフトウェアもあります。その場合は、保守に入ってないと対処しない、サポート停止のソフトのため保証出来ない、というメーカーからの回答もあると思われます。
2.消費税率が変更できても過去の見積書も同時に変更されてしまうなどの運用面の問題が出てしまう。
⇒システム環境にて一括でソフトウェア内の情報を変更してしまうというソフトも時にはありますので履歴を確認できなくなってしまい、業務に支障が出てしまいます。


〜計算式による諸経費の割り出し方〜

みつもりLIGHTには計算行という計算式を埋め込む特殊行が利用出来ることは既にご存知かと思います。その中でも良く使われるのは「諸経費」の計算ではないでしょうか?
諸経費の計算では
====================
=SUM()*0.1
====================
といったように全体の金額に対して例えば1割の金額を割り出す計算式を利用されることが多いかと思います。
これを2割にしたければ
====================
=SUM()*0.2
====================
といった具合です。
ただ、中には全体の合計に対して諸経費を加えることでうまいこと丸めるような金額にしたい、という要望も中にはあります。
例えば見積金額の合計が124,325円だったとしましょう。これを単純に値引いてしまうと120,000円になってしまい利幅が少なくなるので諸経費を入れて125,000円にしたい場合は単純に675円足したら
125,000=124,325+675
となります。
ただこの数字を出すにはちょっと頭をひねって電卓で
125,000−124,325=675
としないといけません。

これをみつもりLIGHTの計算行でやろうと思ったときは以下のように式を入れてみて下さい。
====================
A=SUM()
B=ROUND(A,@UP+@T1000)
=B-A

====================
このROUNDという関数を使えば切り上げ、切捨て、四捨五入をどの単位で行いたいのかを計算してくれます。
つまりこの場合は合計額(A)を1,000円単位で切り上げて(B)、今度はB-Aで差額を出し諸経費として計算結果を出したというわけです。

ただ、これがもっと大きな額になってしまうと現在の仕様上は1,000円単位までの計算のみROUND関数は有効なため、例えばどうしてもお客さんが10,000円で切り上げをしたいという場合は以下のように計算式を入れるようにしましょう。
====================
A=SUM()
B=A/10
C=ROUND(B,@UP+@T1000)
D=C*10
=D-A

====================
これは対象額を一度10分の1にしてROUND関数の結果を再度10倍することで1,000円以上の切り上げ計算を実現しています。
いろんな工夫で関数を利用して行けば様々な業種にもベストな提案が出来ますのでお試し下さい。